新鹿海水浴場|シュノーケルがしたくなる波の穏やかな青く透き通ったビーチ

新鹿海水浴場 東海・関西の旅

旅行をしていると、予期していないタイミングで驚くような綺麗な景色に出会う事があります。

三重県の伊勢市から和歌山県に車を走らせていると、左手に青い海が見えてきたので、寄り道をしてみることにしました。

小さな漁港町の海水浴場らしき場所で車を停めてみると、「新鹿(あたしか)海岸公園」とかかれた看板が立っていました。

 

 

この記事では、三重県にある新鹿海水浴場に立ち寄ったときの様子をお伝えしています。

 

スポンサーリンク

三重県の新鹿海水浴場について

遠浅の入江に白い砂浜が広がる新鹿海水浴場

新鹿海水浴場

 

三重県の熊野市に、新鹿湾(あたしかわん)という遠浅の湾があります。

新鹿湾の入江の中に、白い砂浜が広がる新鹿海水浴場があります。上の写真の白い船が停泊している所が新鹿漁港で、手前が海水浴場です。

そして新鹿漁港は、人気の釣りスポットでもあります。

 

新鹿海水浴場はこんなところ

新鹿海水浴場の端から端まで動画を撮りましたので、良かったらご覧ください。

 

 

入江の中にある遠浅の海は波が穏やかで、透明で透き通っています。

 

快水浴場百選に選ばれた新鹿海水浴場

新鹿(あたしか)海水浴場は、快水浴場百選にも選ばれています。

快水浴場とは環境省が選ぶ海水浴場で、

  • 「美しく」
  • 「清らかで」
  • 「安らげて」
  • 「優しく」
  • 「豊か」

というキーワードを評価項目にして海水浴場を選んでいるそうです。

三重県内では、他にも伊勢市志摩町にある「御座白浜海水浴場も快水浴場百選に選ばれています。

 

新鹿海岸のアクセス&駐車場

新鹿海岸へのアクセス

三重県の伊勢市から車で熊野尾鷹道路を1時間半走ると新鹿海岸へ到着します。新鹿海岸から和歌山県の那智勝浦市までは1時間ぐらいかかります。

 
住所
駐車場有り(シーズン中のみ有料)

 

新鹿海水浴場の駐車場の料金

新鹿海岸公園の駐車場案内

 

新鹿海岸の駐車場は、海水浴シーズンの7月1日から8月31日の間は有料で、普通自動車が1日1200円になります。海水浴シーズン以外は、駐車場料金は無料です。

 

新鹿海水浴場の砂浜を散策する

波がおだやかな天気の良い日に立ち寄る

新鹿海岸の橋

 

新鹿海水浴場の駐車場から橋を渡って砂浜まで行きます。砂浜を歩くにはビーチサンダルが便利ですよね。砂が熱い時期は、厚底のサンダルだとさらに歩きやすくなって良いかと思います。

 

 

静かで綺麗な新鹿海水浴場のビーチ

新鹿海水浴場の砂浜はゴミなどなくとても綺麗でした。町の方達が清掃されていらっしゃるのでしょうか。波の満ち引きを、ずっと見ていても飽きません。

 

 

天気の良い日は、透明な海の中を泳いでシュノーケルがしたくなります。

 

新鹿海水浴場ではキャンプも出来る

また新鹿海水浴場の海岸ではテントを張ってキャンプもできます(テント持ち込みは有料)。

ポップアップテントなどを持ち込んで、波の音を聞きながら昼寝するのも良さそうです。

 

 

新鹿海水浴場まとめ

太平洋の静かな海岸で波の音を聞きながらリラックス

新鹿海岸、いかがでしたか?

私は普段海を見慣れていないので、海と聞くだけでテンションがあがります。新鹿海岸は、私にとって思いがけず出会った天国のような場所でした。

三重県の熊野市をドライブされる際は、新鹿海水浴場に立ち寄ってみられてはいかがでしょうか?

 

新鹿海岸周辺の宿泊施設

 

東紀州のホテル・宿泊施設(じゃらん)

 

新鹿海水浴場周辺のその他の観光スポット

新鹿海水浴場のある紀伊半島の南端には、橋杭岩や潮岬、田子ノ浦などの景勝地があります。

 

伊勢神宮のお参り|外宮と内宮の順番で御朱印を頂く
「お伊勢さん」の愛称で親しまれる伊勢神宮は、三重県を代表する観光名所です。 一生に一度はお伊勢さんにお参りしたいと、毎年800万人以上の人たちが伊勢神宮に...
松坂牛の回転焼肉が楽しめる!三重の一升びん宮前店
松坂牛(まつさかうし)は、日本だけでなく海外でも広く名前を知られている、ブランド牛です。 松坂牛と聞けば、高級ホテルの鉄板焼きレストランのコース料理で出さ...
橋杭岩から潮岬〜田子の浦まで足をのばす|紀伊半島の最南端の旅
和歌山県の紀伊半島は、日本で一番大きな半島です。 そのため、紀伊半島をぐるりと車で一周しようとすると、思ったよりも時間がかかります。ただ、海岸沿いには絶景...

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
東海・関西の旅
このサイトの管理人
ガイドメモ

フリーランスガイドをしています。国内の旅行スポットについて、自分のメモを、記事にて紹介しています。

ガイドメモをフォローする
ガイドメモ