日本の森林率は67%で150年間変化なし?

 

山が多く緑の森に恵まれた日本は、国土の7割近くが森林です。

世界全体の森林面積の平均は3割程度なので、日本の森林率は他の国とくらべると高いことがわかります。

また世界規模では毎年森林は減っているのですが、日本では昔から森林が減らないように努力しています。

 

 

この記事では、日本の森林率と森林を維持するしくみについて紹介しています。

 

 

 

スポンサーリンク

森林率とは?

ある地域の面積に対する森林の割合を、「森林率」といいます。

現在日本の森林面積は、2510万ヘクタールあります。

日本の国土面積が3779万ヘクタールですので、およそ67%が日本の森林率になります。

 

ところで日本の森林面積は、過去150年の間あまり変化していないってご存知ですか?

 

 

日本の森林面積

日本の森林面積は昔とくらべてどれぐらい変化しているのでしょうか?

 

白神山地の遊歩道

白神山地の遊歩道から見たブナの木

 

土地総合研究所のリサーチによると、江戸時代から明治時代にかけて森林の乱伐が進み、1850年に2550万ヘクタールあった森林面積が、1900年に2435万ヘクタールまで落ち込みました。

その後は徐々に持ち直し、現在は2500万ヘクタール台を維持し続けています。

 

ただ面積が落ち込んだと言っても、この数字だけ見るとそれほど森林面積は変わっていないようです。

 

現在の森林面積は、150年前の森林面積とほぼ同等です。

リサーチメモ(土地総合研究所)

 

 

森林を減らさない制度

日本の森林面積が減少しないのは、「伐採した木の分だけ苗木を植える」という制度があるからです。

 

日本においては、法律や森林を守る制度によって、「森林の木を伐ったら苗木を植えて、育て、再び森林にする」ことになっています。

このことにより日本の森林面積は、30年前から比べても減少することなく、ほとんどおなじ数値です。

こども森林館

 

森林の維持は自然に任せるのではなく、人の手が必要ということですね。

 

 

世界全体の森林面積は減っている

世界全体の森林率は3割程度ですが、森林面積はさらに現象傾向にあります。

 

世界全体の森林面積は、40億ヘクタールありますが、毎年520万ヘクタールずつ(日本の森林面積の5分の1に相当)減少しています。

世界の森林の現状(環境省)

 

日本の森林面積に換算して毎年5分の1ずつ減少しているということは、東北地方と関東地方の森林面積をあわせても足りないぐらいの森林が、一年のうちに無くなっているということですよね。

 

そう考えると今身近にある森がとても貴重に感じられてきます。

 

 

森林について学べる観光スポット

自然に触れながら、森林について学びたい時に、おすすめしたい観光地について記事はこちらからどうぞ。

琵琶湖博物館では木の植林について、また白神山地のビジターセンターや青木ヶ原樹海ツアーでは、木々の成長について学ぶことができます。

 

 

古代湖の自然が学べる滋賀の琵琶湖博物館

2018.11.07

西湖ネイチャーセンター|青木ヶ原樹海ガイドツアーとコウモリ穴洞窟探検

2018.10.23

鬼押出し園と浅間園の自然遊歩道を歩く|軽井沢ドライブ

2018.05.21

白駒池を一周し苔の森に癒される|北八ヶ岳ドライブ

2018.05.19

屋久島ってどんなところ?世界自然遺産の観光ガイド

2017.06.29

白神山地|ブナの原生林が続く青森と秋田の世界遺産観光

2017.06.27

 

 

 

日本や世界の森林に関するリンク

日本や海外の森林率について詳しく知りたい方は、こちらのリンクもどうぞ。

 

 

 

日本の森林に生息する樹木について知りたい方は、この本が参考になりますよ。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク