ほったらかし温泉|あっちの湯の早朝の露天風呂につかる

スポンサーリンク
ほったらかし温泉 温泉めぐり

山梨県には「ほったらかし温泉」という、人気の日帰り温泉があります。

このほったらかし温泉には、「あっちの湯」と「こっちの湯」という2つのお風呂場がありますが、今回は年中無休で営業している「あっちの湯」の方へ、出かけてきました。

 

 

この記事では、早朝にほったらかし温泉のあっちの湯の露天風呂へ入ってきたときの様子を紹介しています。

 

スポンサーリンク

山梨のほったらかし温泉

山梨で絶景が人気の「ほったらかし温泉」

山梨県では、ほったらかし温泉がとても有名ですよね。

ほったらかし温泉は、ガイドブックなどで必ずといって見かける人気の日帰り温泉施設です。

ほったらかし温泉の自慢は、なんといっても露天風呂からの眺めです。

ほったらかし温泉のすぐ下には、笛吹川フルーツ公園がありますが、こちらの笛吹川フルーツ公園は、新日本三大夜景のひとつに選ばれているほど、夜景のきれいな場所です。

ほったらかし温泉は、この公園からさらに車で9分ほど登った山の上にあるので、同様に甲府盆地の雄大な眺めを満喫することができます。

 

ほったらかし温泉のあっちの湯の露天風呂に入る

あっちの湯とこっちの湯の違い

あっちの湯とこっちの湯の違い

 

ほったらかし温泉には、こっちの湯とあっちの湯という、ふたつのお風呂があります。

こっちの湯は、最初につくられた施設で、冬の間など、平日休みとなっていることがあります。

あっちの湯は、年中無休で朝から夜まで営業しています。

 

日の出から1時間前にスタート

ほったらかし温泉の朝の営業は早く、あっちの湯には、日の出の1時間前から入浴することができます。

10月の週末、朝6時に到着したところ、既に駐車場には100台以上の車が停まっていました。

ほったらかし温泉の駐車場は広く、余裕で120台以上は停められます。

 

あっちの湯の大きな露天風呂

ほったらかし温泉には、プレハブでできた建物の中に脱衣所と洗い場があり、建物から外に出ると木の露天風呂がひとつと大きな岩の露天風呂が2つあります。

脱衣所は混んでいましたが、内湯、露天風呂共に余裕があり、ゆっくり入ることができました。

 

あっちの湯の露天風呂からの眺め

あっちの湯から見た甲府盆地

 

ほったらかし温泉の魅力も、露天風呂から眺める展望の素晴らしさにあります。

あっちの湯の大きな露天風呂からは、甲府盆地一帯が見渡せます。

ぬるめのお湯で、浅いお風呂なので、のんびり景色を眺めながら、長時間入っていてものぼせません。

 

気まぐれ屋の朝めし

気まぐれ屋

 

ほったらかし温泉には、食堂がいくつかありますが、こちらの気まぐれ屋では、朝めしを500円で提供しています。

ごはんと味噌汁、漬物に、生卵、納豆という組み合わせです。

 

ほったらかし温泉のあっちの湯まとめ

甲府盆地の眺めが素晴らしい温泉

あっちの湯の露天風呂からは、晴れていれば富士山まで見渡すことができます。また曇りの日でも、手前の山脈と甲府盆地を見ながらボーッと過ごすことができます。

私が出かけた日は、ちょうど曇りの日で風も涼しく、外で長湯するには過ごしやすい天候でした。

22時まで営業しているので、今度は夜景を見に、再度あっちの湯を訪問してみたいです。

 

ほったらかし温泉のアクセス・駐車場・営業時間・入湯料

 
アクセスほったらかし温泉は甲府駅から車で30分、一宮御坂インターチェンジから車で20分。笛吹川フルーツ公園の中を通り抜けると、ほったらかし温泉の駐車場へ到着します。
住所
入湯料大人800円(小人400円)
営業時間日の出1時間前~22:00
駐車場有り(無料)

 

ほったらかし温泉周辺の観光スポット

ほったらかし温泉の周辺には、フルーツ農園がたくさんあります。

シャインマスカットやピオーネ、ロザリオビアンコや巨峰など、ぶどうを中心に果物が多く栽培されていて、8月から10月中旬までぶどう狩りも楽しむことができます。

 

その他の山梨の日帰り温泉

その他の山梨の日帰り温泉については、こちらの記事をどうぞ。

 

絶景と豊富な泉質が楽しめる山梨の日帰り温泉まとめ
この記事では、山梨県を旅行中に、立ち寄った日帰り温泉をいくつかご紹介しています。 山梨には甲府盆地や富士山の絶景を眺めながら入浴ができる展望が素晴らしい温...

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
温泉めぐり
このサイトの管理人
ガイドメモ

フリーランスガイドをしています。国内の旅行スポットについて、自分のメモを、記事にて紹介しています。

ガイドメモをフォローする
ガイドメモ