中山道の宿場町や黒曜石の産地など|長和町の観光スポット

和田宿

今日は、長野県にある長和町(ながわまち)という町の観光スポットについて紹介します。

長和町は旧街道のひとつ、中山道の通り沿いにある町です。

江戸時代、中山道には69の宿場がありましたが、長和町にはそのうち

  • 27番目の長久保宿(ながくぼじゅく)
  • 28番目の和田宿(わだじゅく)

など2つの宿場がありました。

また中山道で一番の難所と呼ばれた和田峠(わだとうげ)と、黒曜石がとれる星糞峠(ほしくそとうげ)があることでも有名です。

長和町には、黒曜石の原石を使ってアクセサリー作りなどを体験できる施設もあります。

 

この記事では、長和町の見どころについて紹介しています。

 

 

スポンサーリンク

長和町について

長和町は長野県の中部にある人口6千人近くの町です。

町の面積は183キロ平方キロメートルで、町の大きさとしては全国平均よりも少し大きめです。

江戸時代に中山道の難所として知られていた、標高1500メートル地点にある和田峠があります。

またリゾート地として知られる美ヶ原高原や女神湖、長門牧場などの観光スポットも人気です。

 

長和町のみどころ

黒曜石体験ミュージアム

日本では旧石器時代から、黒曜石が石器の材料として利用されてきました。

長和町の星糞峠(ほしくそとうげ)は日本を代表する黒曜石の産地です。

長和町にある黒曜石体験ミュージアムでは、黒曜石の歴史や石器づくりについて学ぶことができます。

黒曜石体験ミュージアムでのアクセサリー製作体験の様子は、こちらの記事でも紹介しています。

黒曜石体験ミュージアム|原石のキーホルダー作りに挑戦

 

 

 

 

黒曜の水(こくようのみず)

また黒曜石体験ミュージアムの近くには、黒曜石が埋まった岩石で濾過された冷たい湧き水が出る場所があります。

この場所は黒曜の水(こくようのみず)と呼ばれていて、地元では名水として知られています。

そのため、毎日のように人が水を汲みに訪れます。

柔らかい口当たりの水で、この水で珈琲やお茶を入れると美味しいと評判です。

 

 

和田宿(わだじゅく)

江戸時代の五街道のひとつであった中山道。

中山道は、江戸時代に女性が旅する時に使われた街道としても知られています。

第14代将軍の正室である皇女和宮も将軍家に嫁ぐ際、京都から江戸まで中山道を通り、和田宿の本陣で宿泊されています。

本陣とは、身分の高い人が泊まる宿泊所です。

和田宿本陣の周辺には、韃靼そばが食べられる蕎麦屋の徳田や、歴史資料館とカフェを兼ねた米屋礒五郎本舗など、昔ながらの雰囲気が残る建物が今でも残っています。

 

和田宿本陣へのアクセス

駐車場には車が数台停めることが出来ます。

 

 

 

美ヶ原高原

美ヶ原高原は標高2000メートルの高原です。

美ヶ原からは、富士山や北アルプスをはじめとした百名山を眺めることができます。

 

美ヶ原高原へのアクセス

 

 

長門牧場

東京ドーム45個分の広大な牧草地をもつ牧場です。

長門牧場では、乗馬やアイスクリーム作り体験などができ、石窯で焼いたピザが食べられます。

 

長門牧場についての記事はこちらからどうぞ

 

女神湖と長門牧場へ行ってみた!蓼科山のふもと白樺高原の観光スポット

 

 

ブランシュたかやま

ブランシュたかやまは、スキーヤーオンリーのスキー場です。

初心者から上級者までのコースがあり、最長滑走距離が3700メートルの林間コースがあるゲレンデが人気です。

 

ブランシュたかやまについての記事はこちらからどうぞ

 

ブランシュたかやま|スキーヤー専用ゲレンデで快適スキー

 

 

 

長和町のホテル・旅館

長和町の宿泊施設(じゃらん)

 

 

 

スポンサーリンク