長和町|温泉や宿場町など歴史と自然に恵まれたまち

和田宿 中部(北陸・甲信)の旅

今日は、長野県にある長和町(ながわまち)という町の観光スポットについて紹介します。

長和町は旧街道のひとつ、中山道の通り沿いにある町です。江戸時代、中山道には69の宿場がありましたが、長和町にはそのうち

  • 27番目の長久保宿(ながくぼじゅく)
  • 28番目の和田宿(わだじゅく)

など2つの宿場がありました。

また中山道で一番の難所と呼ばれた和田峠(わだとうげ)があることでも有名です。

 

 

この記事では、長和町の見どころについて紹介しています。

 

長和町について

中山道ぞいの町

長和町は長野県の中部にある人口6千人近くの町です。町の面積は183キロ平方キロメートルで、町の大きさとしては全国平均よりも少し大きめです。

江戸時代に中山道の難所として知られていた、標高1500メートル地点にある和田峠があります。

またリゾート地として知られる美ヶ原高原や女神湖、長門牧場などの観光スポットも人気です。

 

長和町のみどころ

長和温泉ふれあいの湯

ふれあいの湯は、長和町の公共の日帰り温泉施設です。

この温泉の特徴は、源泉が28度と冷たい温泉ということです。

内風呂と露天風呂は、加熱してありますが、湯船のひとつが源泉そのままの温度になっているので、温冷の交互浴を楽しむことができます。

水風呂だと冷たすぎると思うあなたも、28度ぐらいの温度のお湯はちょうど良い温度と感じるかもしれません。

 

和田宿(わだじゅく)

江戸時代の五街道のひとつであった中山道。中山道は、江戸時代に女性が旅する時に使われた街道としても知られています。

第14代将軍の正室である皇女和宮も将軍家に嫁ぐ際、京都から江戸まで中山道を通り、和田宿の本陣で宿泊されています。

本陣とは、身分の高い人が泊まる宿泊所です。

和田宿本陣の周辺には、韃靼そばが食べられる蕎麦屋の徳田や、歴史資料館とカフェを兼ねた米屋礒五郎本舗など、昔ながらの雰囲気が残る建物が今でも残っています。

 

和田宿本陣へのアクセス

駐車場には車が数台停めることが出来ます。

 

 

美ヶ原高原

美ヶ原高原は標高2000メートルの高原です。

美ヶ原からは、富士山や北アルプスをはじめとした百名山を眺めることができます。

 

美ヶ原高原へのアクセス

 

 

長門牧場

東京ドーム45個分の広大な牧草地をもつ牧場です。長門牧場についての記事はこちらからどうぞ

 

長門牧場|ソフトクリームとアルパカに癒される旅
長門牧場は、長野県の高原リゾートにある大きな牧場です。 長野県の東信エリアを旅していると、長門牧場でつくられた牛乳や、ヨーグルトなどの乳製品が売られている...

 

ブランシュたかやま

ブランシュたかやまは、スキーヤーオンリーのスキー場です。ブランシュたかやまについての記事はこちらからどうぞ

 

ブランシュたかやまスキー場|長野のスキー専用ゲレンデ
あなたのお気に入りのスキー場は、どこですか? よく出かけるスキー場を決めるときって、どのように選んでいますか? 私はウィンタ...

 

長和町まとめ

温泉をはじめ宿場町跡や、高原の観光スポットに恵まれた長和町に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

 

長和町のホテル・旅館

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
中部(北陸・甲信)の旅
このサイトの管理人
ガイドメモ

フリーランスガイドをしています。国内の旅行スポットについて、自分のメモを、記事にて紹介しています。

ガイドメモをフォローする
スポンサーリンク
  data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"
スポンサーリンク
ガイドメモ