ねずみ大根のつゆで食べるおしぼりうどんが楽しめるお店

ねずみ大根を使ったおしぼりうどん食べ歩き旅行

ねずみ大根ってご存知ですか?ねずみ大根は、その名の通り、ずんぐりした形の辛味の強い大根です。

長野県の坂城町では、このねずみ大根の絞り汁をつゆにした「おしぼりうどん」が食べられます。

 

 

この記事では、長野県の坂城町でおしぼりうどんが食べられるお店をご紹介しています。

 

スポンサーリンク

おしぼりうどんとは?

ねずみ大根をツユにつかったうどん

おしぼりうどんは、ねずみ大根を絞ってつゆに使っています。

ねずみ大根のしぼり汁は、普通の大根と比べるととても辛いです。そのままうどんにつけて食べてもいいんですが、辛味を抑えるために、一緒にだされる味噌をまぜて、つゆに甘みを出します。

 

おしぼりうどんは、長野県坂城町の名物

ねずみ大根

 

おしぼりうどんは、長野県坂城町のご当地名物のうどんです。おしぼりうどんのツユに使われている、ねずみ大根は、長野県の坂城町で栽培されている、下膨れの大根になります。

 

ねずみ大根の収穫時期は、毎年10月末から12月になります。

 

ねずみ大根は、色や形がねずみに似ているので、坂城町のマスコットキャラクター、「ねずこん」のモデルにもなっています。

 

おしぼりうどんが食べられる坂城町のお店

さかき地場産直売所「あいさい」

おしぼりうどんが食べられるあいさい

 

それではおしぼりうどんが食べられるお店を、ご紹介していきます。まず最初にご紹介するお店は、「さかき地場産直所・あいさい」です。

あいさいは、しなの鉄道のテクノさかき駅から歩いて14分の場所にある、小さな道の駅です。

あいさいには、食堂が併設されていて、「おしぼりうどん」や「おしぼりそば」が提供されています。

 

坂城地場産直場あいさいのおしぼりうどん

おしぼりうどん

 

こちらが、あいさいの手打ちおしぼりうどん(720円)です。手打ちのコシのあるうどんに、ねずみ大根のつゆ、薬味にネギと鰹節に味噌、お漬物の小鉢がついています。

ねずみ大根の辛いつゆだけでうどんが食べられるか、少し不安な人は、追加で50円払うと、普通のお醤油ベースのつゆもつけることができます。

 

普通のつゆと、ねずみ大根のつゆで食べくらべできるのはいいね!

 

大根をうどんやそばの薬味として使うことは良くありますが、大根の絞り汁だけをつゆにするのは、めずらしいですよね。

一口食べると、ねずみ大根の苦味と辛さが口一杯に広がります。食べ慣れていないと、大根つゆだけだとキツイかもしれません。

お味噌を入れてまぜると、甘味が感じられ大分辛味がマイルドになります。

坂城ではこの辛味のあとでほのかに甘みが感じられる味を「あまもっくら」した味と呼んでいます。

 

あいさいのアクセス・駐車場・営業時間

 
営業時間8:30-17:00
住所
駐車場有り(無料)

 

かいぜ

おしぼりうどんが食べられる、2件目のお店は、高速道路の上信越自動車道の坂城インター近くにある、「かいぜ」というお店です。

かいぜでは、おしぼりうどんと、そばが半人前ずつ、一緒に楽しめる「わがままセット(1000円)」が人気です。

 

かいぜへのアクセス・駐車場・営業時間

 
営業時間11:30-14:00(月曜・火曜定休)
住所
駐車場有り(無料)

 

ねずみ大根で食べるおしぼりうどんまとめ

食べ慣れると癖になるおしぼりうどんの味

おしぼりうどんのつゆを、最初に食べると辛さにびっくりするかと思います。ただ食べ慣れてくると、くせになってくる味です。

そして辛味をマイルドにさせる、味噌の存在も大きいです。長野県をご旅行の際は、ぜひおしぼりうどんを試してみてはいかがでしょうか?

 

その他のグルメ記事

その他のご当地うどんや蕎麦の記事は、こちらもどうぞ

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
食べ歩き旅行
このサイトの管理人
ガイドメモ

フリーランスガイドをしています。国内の旅行スポットについて、自分のメモを、記事にて紹介しています。

ガイドメモをフォローする
ガイドメモ