小布施の観光|美術館など葛飾北斎ゆかりの町のおすすめ散策スポット

小布施北斎舘中部(北陸・甲信)の旅

長野県の小布施町(おぶせまち)は、観光客に人気の観光スポットです。

小布施町には、葛飾北斎(かつしかほくさい)ゆかりの美術館やレストラン、お土産物売り場が並び、風情のある散策路が整備されています。

 

 

この記事では、北斎ゆかりの長野県の小布施町の観光の見どころについて紹介しています。

 

スポンサーリンク

長野県の小布施町について

葛飾北斎ゆかりの人口が1万人の小布施町

長野県の北部にある小布施町は、人口が1万人の小さな町です。

町の中心エリアには古い街並みを生かした美術館や、レストラン、ギャラリーがあり、週末などたくさんの観光客が小布施町を訪問しています。

小布施町は、浮世絵師の葛飾北斎(かつしかほくさい)が滞在した町としても知られています。

江戸時代の有名な浮世絵師、葛飾北斎は、小布施の豪商・高井鴻山(たかいこうざん)の招きで、83歳のときにはじめて小布施に訪れます。それから北斎はトータルで4度、小布施に滞在します。

小布施で北斎は、肉筆画や祭り屋台の天井絵、岩松院の鳳凰図などの作品を残しています。

 

小布施の観光の見どころ

北斎館(ほくさいかん)

北斎舘の入り口

 

まずご紹介する小布施の観光スポットは、北斎館です。北斎館は、葛飾北斎が小布施で描いていた作品を集めて、公開している美術館です。

北斎館では、北斎が紙に筆で直接描いた肉筆画や、北斎漫画、祭り屋台の天井絵を鑑賞することができます。

 

北斎館のアクセス・営業時間・入館料・駐車場

 
アクセス小布施駅から車で4分。徒歩で11分。
住所
入館料大人900円、高校生450円、小・中学生300円
営業時間9時から17時(7・8月のみ18時まで)
駐車場普通車400円

 

栗の小道(くりのこみち)

小布施の栗の小道

 

栗の小道は、北斎館と高井鴻山記念館を結ぶ風情のある小道です。道には、栗の角材が敷きつめられています。

小布施は、栗の産地としても知られています。

 

高井鴻山記念館(たかいこうざんきねんかん)

高井鴻山記念館

 

高井鴻山記念館は、葛飾北斎のスポンサー、高井鴻山(たかいこうざん)の住まいに、鴻山の作品が展示されている施設です。

小布施町の豪商・高井鴻山は、葛飾北斎に資金援助して絵の制作をサポートしました。高井鴻山記念館内には、北斎のために鴻山が建てたアトリエや、幕末に文人や思想家が訪れたサロンの建物が保存されています。

高井鴻山自身も花鳥の屏風や、書画を描き、その作品も飾られています。

高井鴻山は、妖怪画も得意としていました。毎年9月には鴻山の妖怪画が飾られた記念館の敷地内で、怪談の披露や肝試しが体験できる「妖怪夜会」が開催されています。

 

高井鴻山記念館のアクセス・営業時間・入館料・駐車場

 
アクセス小布施駅から徒歩10分。
住所
営業時間9時から17時(7・8月は18時まで)
入館料大人300円(高校生150円、小・中学生無料)
駐車場有り(無料)

 

岩松院(がんしょういん)

岩松院は、小布施町にある曹洞宗の寺院です。

北斎の晩年の作品、鳳凰の天井絵で有名な岩松院については、こちらの記事をどうぞ

 

岩松院|小布施で北斎の八方睨み鳳凰図を見る
長野県に小布施(おぶせ)町という、人口が1万人の小さな町があります。 小布施は、江戸時代の有名な浮世絵師である葛飾北斎(かつしかほくさい)が晩年に訪れた場...

 

観光客をおもてなしする小布施のオープンガーデン

小布施オープンガーデン

 

小布施町には、30分で歩ける範囲内に、130箇所のオープンガーデンが設けられています。そのほとんどが、個人の家の庭を一般公開したものです。

オープンガーデンの入口に、上の写真のように「Welcome to My Garden」の看板が出ていると、その時間は庭園を見学しても大丈夫とのサインになります。

 

小布施オープンオアシスのボルダリング体験

小布施オープンオアシス・ボルダリング

 

上信越自動車道の小布施スマートインターを下りてすぐ目の前の建物に、小布施オープンオアシスという施設があります。こちらの建物の2階に、ボルダリングの体験施設があります。

レンタルシューズも用意されていて、ボルダリングが初めての人でも、初心者向け30分コースから、気軽に参加することができます。

 

小布施オープンオアシスのアクセス・営業時間・駐車場

 
アクセス小布施スマートインターを降りてすぐ。小布施PAからもアクセス可能。
住所
営業時間10:00~22:00(日曜17:00まで、月曜定休)
駐車場有り(無料)

 

北斎ゆかりの小布施の観光見どころまとめ

北斎ゆかりの観光スポットを巡る旅

長野県の小布施町は、散策がゆっくり楽しめる町です。徒歩でも2、3時間程度でまわれますが、レンタサイクルを2時間400円から利用することもできます。

レンタサイクルは村営駐車場や、小布施駅で貸し出ししています。

 

小布施のアクセス

 
アクセス上信越自動車道「小布施PAスマートインター」を下りて5分。小布施駅から車で7分。
住所
駐車場森の駐車場:2時間400円(4月から11月)

 

東京から小布施町に電車で出かける場合、まずは東京から長野まで新幹線で1時間半移動します。そのあと長野駅から小布施駅まで、長野電鉄というローカル線に乗って35分程移動します。

 

栗菓子で有名な小布施の食事スポット

栗の産地、小布施町には、栗おこわや栗菓子で人気のお店がいくつかあります。

小布施の食事スポットについては、こちらの記事をお読みください。

 

小布施の栗菓子や栗おこわが美味しい人気店まとめ
長野県の小布施町は、栗の産地として知られ、栗のお菓子や栗おこわが有名です。 この記事では、長野県の小布施町で栗菓子と栗おこわが食べ...

 

小布施周辺のホテル・旅館

 

小布施周辺のその他の観光スポット

長野県のその他の観光スポットについては、こちらの記事もどうぞ。

 

善光寺の見どころ|日本最古の仏像をまつる長野の国宝建築と仲見世通り
長野県の代表的な観光スポットのひとつに、善光寺(ぜんこうじ)があります。善光寺は今から1400年前の飛鳥時代に建てられた、歴史のあるお寺です。 ...
戸隠奥社|大鳥居入口から杉並木のつづく参道を歩く
長野県の善光寺から、車で30分ほど登った場所に、戸隠山があります。 戸隠山は、天照大神(あまてらすおおかみ)が隠れた天の岩戸が飛んできた場所という言い伝え...
戸隠そば|うずらやで名店の蕎麦づくしのメニューを楽しむ
長野県は、蕎麦どころとして有名な県です。なかでも「戸隠そば」は、わんこ蕎麦や、出雲そばとともに、「日本三大蕎麦」のひとつとして数えられています。 ...

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
中部(北陸・甲信)の旅
このサイトの管理人
ガイドメモ

フリーランスガイドをしています。国内の旅行スポットについて、自分のメモを、記事にて紹介しています。

ガイドメモをフォローする
ガイドメモ