エムウェーブスケート場の特徴・駐車場・アクセス方法まとめ

スポンサーリンク
エムウェーブスケートリンクの製氷作業 学ぶ・体験する

長野県は、1998年に冬のオリンピックが開催された場所です。

その冬季オリンピックで、スケートの競技会場となったのが、長野市オリンピック記念アリーナ通称:エムウェーブ)という施設です。

エムウェーブは、屋内のスケート施設のため、冬でも天候を気にせずにスケートが楽しむことができます。

 

 

この記事では、長野県の長野市にあるエムウェーブのスケートリンクについて紹介しています。

 

スポンサーリンク

エムウェーブのスケート施設

10月から3月にかけてスケート場が一般公開

毎年10月から3月にかけて、長野県にあるエムウェーブのスケートリンクが一般公開されています。

スピードスケートやアイスホッケーの競技大会などの開催期間中を除き、エムウェーブのスケートリンクは、だれでも滑ることができます。

 

なお本年度の営業期間は、2018年10月7日から2019年3月10日までです。

 

ちなみに、一般公開日と、営業時間については、こちらのエムウェーブの公式ページから確認できます。

 

 

 

エムウェーブのスケート場の特徴

室内にある広いスケート場

エムウェーブのスケート場の特徴は、何と言ってもとても広いスケートリンクが、室内にあることです。

全国各地にあるスケート場は、そのほとんどが野外にありますので、建物の中にあるスケートリンクは、それだけで貴重です。天候に左右されることなくスケートを楽しむことができます。

 

オリンピックに使われた400メートルスケートトラック

エムウェーブのスケートリンク

 

もうひとつの特徴は、オリンピック会場として使われた、広い大きなスケート場のリンクです。

こちらの写真は、朝のエムウェーブのスケートリンクです。まだ営業しはじめたばかりで、誰も滑っていなかったので、リンクを独り占めした気分になれました。

エムウェーブのスケート会場には、400メートルのダブルトラックスケートリンクとアイスホッケー場が設けられています。

 

エムウェーブのスケート場は、週末や祝日でも、それほど混み合っていませんので、ご自分のペースで滑ることができますよ。

 

エムウェーブスケート場の駐車場、アクセス、入場料金、スケート教室

エムウェーブのアクセス方法と駐車場

 
アクセスエムウェーブは、長野駅からタクシーで14分です。
住所
駐車場施設の正面に、無料の駐車場があります。

 

エムウェーブの入場料金とレンタル靴

エムウェーブのスケートリンクに入るには、平日は大人820円で中学生以下が410円の滑走券が必要です。(土日祝日が大人1540円で中学生以下820円)

貸し靴代は、610円になります(ヘルメットは無償貸し出し)。

セブンイレブンで、100円お得な前売り割引券が販売されています。

 

エムウェーブのスケート教室

またエムウェーブでは、スケートを滑るのにまだ慣れていない方を対象に初心者教室も開催されています。お子様に混じって、初めの一歩から滑り方を教えてくれます。

 

エムウェーブのスケート場まとめ

天候に左右されずにスケートが楽しめる

スケート場がたくさんある中で、室内の施設でこれだけの広さのスケートリンクがある場所はとても少ないため、思いっきり滑ることができます。

冬のアウトドアスポーツを、天気に左右されず室内で満喫したいあなたにとって最適の場所だと思います。

オリンピック会場として使われたエムウェーブで、スケートをぜひ体験してみてください。

 

エムウェーブ周辺のその他の観光スポット

長野市には善光寺や、蕎麦が人気の戸隠があります。またスキーをはじめて滑りたい時は、ブランシュたかやまなどのスキーや専用ゲレンデもおすすめです。

 

善光寺の見どころ|日本最古の仏像をまつる長野の国宝建築や仲見世通り
長野県の代表的な観光スポットのひとつに、善光寺(ぜんこうじ)があります。 善光寺は今から1400年前の飛鳥時代に建てられた、歴史のあるお寺です。 ...
ブランシュたかやま|スキーヤーオンリーのおすすめゲレンデ
あなたのお気に入りのスキー場は、どこですか? よく出かけるスキー場を決めるときって、どのように選んでいますか? 私はウィンタ...

 

エムウェーブ周辺のホテル・旅館

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
学ぶ・体験する
このサイトの管理人
ガイドメモ

フリーランスガイドをしています。国内の旅行スポットについて、自分のメモを、記事にて紹介しています。

ガイドメモをフォローする
ガイドメモ