10月から営業開始!エムウェーブのスケートリンク

エムウェーブスケートリンクの製氷作業

長野は1998年に冬のオリンピックが開催された場所です。

その冬季オリンピックでスケート競技会場となったのが、長野市オリンピック記念アリーナ(通称:エムウェーブ)という施設になります。

エムウェーブでは、毎年10月から3月にかけてスケートリンクの営業が行われています。

一般公開されていて、だれでもオリンピック会場で使われた広い大きなスケート場で滑ることができます。

2018年の営業期間は、2018年10月7日から2019年3月10日までです。

スピードスケートやアイスホッケーの競技大会などの開催期間中を除き、一般営業しています。

一般公開されているかどうかは、こちらのエムウェーブの公式ページから確認できます。

 

エムウェーブイベントカレンダー

 

この記事では、エムウェーブのスケート場について紹介しています。

 

 

スポンサーリンク

エムウェーブのスケートリンクの特徴

室内の広い400メートルトラック

エムウェーブのスケート場の特徴は、何と言ってもとても広いスケートリンクが室内にあることです。

日本全国のスケート場は、そのほとんどが野外にありますので、室内に大きなスケートリンクがあるのはとてもめずらしいです。

そのため、天候に左右されることなくスケートを楽しむことができます。

 

エムウェーブのスケートリンク

 

写真は営業時間はじまった直後のスケートリンクです。

まだだれもいないので、リンクを独り占めした気分です。

エムウェーブには、400メートルのダブルトラックのリンクが、一部にアイスホッケー場が設けられています。

 

 

週末や祝日でも、それほど混み合っていないので、自分のペースで滑れますよ。

 

 

エムウェーブスケートセンターへのアクセス

エムウェーブは長野駅からタクシーで14分の場所にあります。

 

スケートリンクに入るには、平日は大人820円で中学生以下が410円の滑走券が必要です。

(土日祝日が大人1540円で中学生以下820円)

また貸し靴代は610円になります(ヘルメットは無償貸し出し)。

セブンイレブンで100円程お得な前売り券も販売されています。

 

またエムウェーブでは、スケートを滑るのに慣れていない方を対象に初心者教室も開催されています。

お子様に混じって初めの一歩から滑り方を教えてくれますよ。

 

 

エムウェーブ周辺のホテル・旅館

長野・飯綱・戸隠の宿泊施設(じゃらん)

長野・上田・野尻湖・小布施・志賀・野沢の宿(一休)

 

周辺の観光スポット

長野市には日本で一番古い仏像が御本尊の善光寺やお蕎麦で有名な戸隠があります。

善光寺|日本最古の仏像が御本尊の長野の人気参拝スポット