清里の萌木の村(もえぎのむら)のナチュラルガーデンを散策する

スポンサーリンク
萌木の村オブジェ 中部(北陸・甲信)の旅

山梨県の清里(きよさと)駅から10分ほど歩いた場所に、萌木の村(もえぎのむら)という人気の観光スポットがあります。

この記事では、清里にある萌木の村を観光してきたときの様子について紹介しています。

スポンサーリンク

清里の萌木の村について

清里に40年前からある萌木の村

萌木の村は、清里にある、自然に囲まれたおしゃれなお店が並ぶ、ナチュラルガーデンの村です。

最近オープンしたばかりのような綺麗な村ですが、実は萌木の村が誕生したのは、1977年と40年以上も前から営業しているんです。

萌木の村の見どころ

20以上のショップやカフェレストラン

萌木の村には、陶芸作家のお店や、木の素材でできた作品を販売するクラフトショップ、バラをモチーフにしたガーデニングショップなど、20店舗を超えるお店やレストランがあります。

広い敷地のガーデンの中を一周するだけでも、1時間ぐらいかかります。

ロックー清里ではじめてできた喫茶レストラン

レストランRock

こちらの写真のお店は、清里で初めてできた喫茶店の「ロック」です。ロックでには、喫茶メニューだけでなく、カレーやピザなどの食事を楽しむことができます。

ロックのビーフカレーは独特で、濃い黒色のカレールーの上には、レーズンバターがのっています。添えてある野菜のドレッシングも美味しく、全体的に優しい味付けです。また食後には焼きマシュマロが楽しめます。

森のメリーゴーラウンド

萌木の村 森のメリーゴーラウンド

萌木の村のシンボルともいえる、小さな森のメリーゴーラウンド。1回300円で、乗ることができます。

萌木の村には、あちこちに、回転木馬のオブジェが飾られていて、村のマスコットキャラクターになっています。

ホール・オブ・ホールズ

ホール・オブ・ホールズ

ホール・オブ・ホールズは、アンティークのオルゴールから、大型の自動楽器まで300台以上の世界の自動楽器を展示している、オルゴールミュージアムです。

オルゴール演奏も定期的に開催されていたり、オルゴールを購入することもできます。

もし時間がなくて、ミュージアムの見学ができなくても、地下のオルゴールショップでは、アンティークのオルゴールをはじめ、紙の音符を差し込んでまわすものや、自分でつくる手作りオルゴールなど、さまざまな商品が販売されています。音色を聴き比べてみるのも楽しいかと思います。

萌木の村広場

村の中心にある、萌木の村の広場では、あたり一面に細かいウッドチップが敷かれていて、歩くとふかふかとした感触です。天気の良い日は、ここでピクニックもよさそうですね。

夏にはこちらの広場で、バレエの公演も開催されます。

ちなみに萌木の村の庭のデザインは、すべて英国人のボール・スミザーさんという方が担当されています。

萌木の村の中をセグウェイにのってまわれる

セグウェイ乗車体験

萌木の村の中を、セグウェイにのってまわることができます。インストラクターが同行して、乗り方を教えてくれるので、初心者でも大丈夫。

料金は20分1000円から(16歳以上)

清里の萌木の村のまとめ

インスタ映えするナチュラルガーデン

萌木の村は、お店に入るナチュラルガーデンの中を歩くだけでもインスタ映えするスポットばかりで、たくさん写真を撮りたくなります。

清里に来たときには、萌木の村にぜひ立ち寄られてみてはいかがでしょうか?

萌木の村のアクセス・駐車場・入場料金

 
アクセス清里駅から徒歩10分。
住所
入場料金無料(ホール・オブ・ホールズは一般800円、学生500円)
営業時間10:00~18:00(店舗によって異なる)
駐車場有り(無料)

萌木の村周辺の観光スポット

清里がある北杜市の観光スポットは、こちらの記事でも紹介しています。

北杜市|公園にレジャー施設など観光スポットまとめ
山梨県の北端にある北杜市は、人口4万5千人の市です。 北杜市には、清里や小渕沢などのリゾート地があり、ウォーキングが楽しめる公園がたくさんあります。 ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
中部(北陸・甲信)の旅
このサイトの管理人
ガイドメモ

フリーランスガイドをしています。国内の旅行スポットについて、自分のメモを、記事にて紹介しています。

ガイドメモをフォローする
ガイドメモ