こんにゃくパーク群馬|入場料無料の試食バイキング感想まとめ

こんにゃくパーク正面学ぶ・体験する

先日、群馬県にあるこんにゃくパークに出かけてきました。

群馬県はこんにゃくの日本一の生産地です。こんにゃくパークは、世界遺産の富岡製糸場から車で15分の場所にある、ヨコオデイリーフーズのこんにゃく工場に併設された、体験型施設になります。

 

 

この記事では、週末の日曜日に群馬県のこんにゃくパークに立ち寄ってきたときの様子を紹介しています。

 

 

スポンサーリンク

こんにゃくパーク群馬の訪問記

試食バイキングの列に並ぶ

群馬県のこんにゃくパークには、こんにゃくの加工品が買えるショッピングエリアのほか、こんにゃく作り体験に、工場見学、こんにゃくの試食ができる無料バイキングコーナーがあります。

この日は、こんにゃくパークに到着して、駐車場に車を停めたあと、最初に中央の建物の入口カウンターで受付をすませて、こんにゃくの試食バイキングの列に並ぶことにしました。

試食バイキングの列の両脇には、こんにゃくづくりの体験キッチンコーナーや、ショッピングエリアがあり、調理をしている様子を見たり、こんにゃく詰め放題の様子を眺めながら、待つことができます。

日曜日でしたが、お昼どきを過ぎていたせいか、どんどん列がすすんでいき、思ったよりも早く、30分もかからないぐらいで試食コーナーへ進むことができました。

 

こんにゃくの試食バイキングメニュー

こんにゃくは、私達がよく口にする機会が多い食材です。ただこんにゃく、またはしらたき(糸こんにゃく)と聞いて、パッと思い浮かぶメニューは、おでんに田楽、すきやきに、玉こんにゃく、こんにゃくゼリーぐらいでしょうか。

こんにゃくパークの試食会場では、定番のこんにゃくメニューの他にも、次のようなバイキングメニューが用意されていました。

 

  • こんにゃくソース焼きそば
  • こんにゃく醤油ラーメン
  • こんにゃくの唐揚げ
  • 葛きり、プリン、杏仁豆腐などのデザート系

 

 

こんにゃくのバイキングメニューを試食した感想

こんにゃくで作られたメニューを試食した感想です。

こんにゃく醤油ラーメン

中華のラーメンスープの中に、黄色いこんにゃくの麺が入っています。さっぱりと食べやすいメニューです。

 

こんにゃく焼きそば

こんにゃくラーメンの麺に、ソースをかけた焼きそばの味でした。具材はこんにゃくのみで、麺が少しやわらかすぎる感じがしますが、実際に家でつくるときは、もやしやキャベツ、肉など加えると、食感が感じられて良いかと思います。

 

こんにゃくの唐揚げ

こんにゃくを薄くスライスして、衣をつけて揚げてあります。薄くすると水分が抜けやすく、食感がカリカリになります。おつまみにちょうど良い味付けです。

 

こんにゃくゼリー

デザートとしては、こんにゃく寒天をつかったグレープ、オレンジ味、杏仁豆腐、プリン、葛きりなどがあり、どれも好きな味でした。

 

以上が試食した感想です。一食分の食事が、すべてこんにゃくだと考えると若干物足りない気もします。ただこれだけ味付けにバリエーションがあれば、副菜の具材としてもう少し頻度をあげて取り入れることもできそうです。

カロリーが段違いに違いますしね。例えば、通常の焼きそばをこんにゃくにすると、カロリーが約十分の一になるそうですよ。

 

ちなみにこんにゃくバイキング会場での試食時間は20分まで、混んでいるときはおかわり無しの1回のみとなります。

 

試食がすんだら、ショッピングエリアで、こんにゃくラーメンや、ゼリーなどお土産にしました。

 

こんにゃくパークのその他体験コーナー

こんにゃく工場の見学

こんにゃくパークの2階部分は、蒟蒻工場の見学ブースになっています。こちらでは、生芋からつくるこんにゃくと、製粉した粉からつくるこんにゃくの2つの製造ラインが見学できます。

普段私たちがよく食べる、こんにゃくやしらたきは、製粉されたこんにゃくの粉の原料からつくられています。

 

こんにゃくづくり体験

こんにゃくパークでは、前日までの予約制で、蒟蒻の手作り体験をすることができます。

フルーツのこんにゃくゼリーや、蒟蒻粉からつくるこんにゃくづくり教室があり、料金は500円から1000円程度です。

またこちらの体験教室に参加すると、試食バイキングを並ばずに優先的に入れます。混み合うことが予想されるときは、予約してみるのも良いかもしれません。

 

FOODS MARKET(フーズマーケット)

こんにゃくパークでショッピングを終えて、建物の外に出ると、右の正面に「FOODS MARKET」と書かれた、産直市場があります。フーズマーケットの店内では、地元産の野菜のほか、箱づめされたパックいちごが販売されていました(訪問したのは4月初旬)。

淡雪という珍しい白イチゴもおいてあります。少々値段が高めですが、その場でたべられるように、練乳付きの淡雪のカットいちごも売られています。

ひとパック買って、外の広場のテラス席で休憩しました。淡雪いちごは甘みが強く美味しいいちごでした。

 

こんにゃくパーク群馬まとめ

今回こんにゃくパークを訪問してみて、これだけの数のこんにゃくをつかった商品があることをはじめて知りました。

スーパーマーケットでも、こんにゃくを使っていると書かれた商品を目にする機会はありますが、こんにゃくパークで目にした商品は、8割以上が知らないものばかりでした。

どれも手頃な価格帯でしたので、つい色々と買ってしまいましたが、自宅でアレンジしながら美味しくいただきました。

次回はこんにゃく作り体験に参加してみたいと思います。

 

こんにゃくパーク群馬のアクセス・駐車場・営業時間

 
アクセス上信越自動車道「富岡インター」から車で10分
住所
営業時間9:00~18:00
駐車場有り(無料)

 

 

その他の見学ができる観光スポット

その他の見学ができる観光スポットの記事は、こちらもどうぞ。

 

銚子の醤油工場(ヤマサ・ヒゲタ)の見学ツアーに参加してみた
千葉県の銚子では、江戸時代からしょうゆづくりが盛んです。 銚子には、ヤマサ醤油やヒゲタ醤油をはじめ、小倉醤油や宝醤油など、300年以上続いている大きな醤油...
国会議事堂の見学ツアー|小学生ぶりの社会科見学
小学生のときに訪れて以来、何十年かぶりに国会議事堂の中に入ってみました。 東京の永田町にある国会議事堂は、衆議院・参議院の両議院が共に一般公開されています...

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
学ぶ・体験する
このサイトの管理人
ガイドメモ

フリーランスガイドをしています。国内の旅行スポットについて、自分のメモを、記事にて紹介しています。

ガイドメモをフォローする
ガイドメモ