青森県特産品センター|りんごジュースににんにくが買える東京のアンテナショップ

青森県特産品センター東京関東の旅

東京の有楽町から近い新富町に、「青森県特産品センター」というアンテナショップがあります。青森県特産品センターでは、青森県産の野菜に、濃い味のりんごジュースが買えます。

 

 

この記事では、青森県特産品センターに出かけてきたときの様子を紹介しています。

 

スポンサーリンク

青森県特産品センターについて

りんごにお米、海産物など青森県産品を売るアンテナショップ

青森県特産品センターは、東京都にある青森県のアンテナショップです。

1フロアで、こじんまりとした店舗ですが、なかなか普段見かけることのない、青森県の商品を入手することができます。

 

青森県特産品センターのショップ案内

青森県産の生にんにくが季節限定で売られている

青森県特産品センターの入口にある青森にんにく

 

まず店内に入って、目につくのは、青森から直送された新鮮な野菜です。入口のこの場所には、根曲がり竹や山菜みず、山ウドなどその時の旬の野菜や山菜が並んでいます。

また青森県産の生ニンニクも、青森県特産品センターで、毎年6月から7月にかけて期間限定で提供されています。普通私たちがスーパーでよくみかけるニンニクは、長期保存するため、水分をとばしているにんにくです。収穫されたばかりの生ニンニクは、めったに店頭に出回ることが少ない、めずらしい食材なんですね。

 

 

100%青森県産りんごジュース

青森りんごジュースコーナー

 

青森といえば、日本一の生産量を誇る、青森県産のりんごが有名です。青森県特産品センターには、たくさんの種類のりんごジュースが並んでいます。

青森県産のりんごジュースを買うと、りんご果物を絞ったばかりのようなコクのあるジュースに当たる確率が多い気がします。

中でも私のお気に入りは、希望の雫(しずく)という商品名のりんごジュースです。希望の雫は、数種類の青森県産りんごの品種をブレンドしてある、濃い味の果汁100%ジュースです。

希望の雫は、国際味覚審査機構の三つ星を8年連続で受賞していて、これだけでもたくさん、買って帰りたいぐらいお気に入りの商品です。

 

 

青森県産のしじみや海産物など

青森県特産品センターの店内には、十三湖産のしじみなど青森県産の海産物も並べられています。

その他にも津軽煮干しラーメン「激にぼ」など、他で見かけることのない、カップ麺も売られていました。

 

青森県特産品センターのまとめ

青森の雰囲気が感じられるお店

青森県特産品センターは、小さなフロアスペースのお店ですが、店内に青森弁がとびかっていたりと、青森らしさを感じられる雰囲気のお店です。

青森県産のりんごのジュースが飲みたくなったら、ぜひこちらのお店に立ち寄ってみてください。

 

青森県特産品センターのアクセス・営業時間

 
アクセス東京メトロ有楽町線新富町駅から徒歩6分。八丁堀駅から徒歩6分。
住所
営業時間10:00~18:30(日・月休、土曜日15:30まで)
駐車場周辺の有料駐車場を利用

 

JR東京駅または有楽町駅からは、歩いていくこともできますが、徒歩14分ほどかかります。地下鉄の新富町駅まで地下鉄を利用するか、またはレンタル自転車を借りて出かけるのが便利かと思います。

 

東京都内にあるその他のアンテナショップ

東京都内にあるその他の都道府県のアンテナショップについての記事は、こちらもどうぞ。

 

東京の人気アンテナショップ一覧|銀座・有楽町・日本橋・その他エリアの物産館巡り
東京には全国各地の生鮮食料品やお菓子、工芸品が買えたり、観光の情報も得られる、都道府県のアンテナショップがあります。 この記事では、東京に...

 

青森県の観光スポット

青森県の観光スポットについては、こちらの記事をお読みください。

 

民宿みやの|雲丹に大間のマグロなど海の幸に大満足の青森の宿
先日、本州最北端の青森県の大間崎に出かけてきました。そのときの記事は、こちらをご覧ください。 大間崎の観光を終えて、その日の宿泊先...
恐山の観光の所要時間|温泉もある荒涼とした世界観を感じる日本三大霊場
青森県の下北半島には、恐山(おそれざん)という、高野山や比叡山と共に、日本三大霊場のひとつとして数えられる、有名な霊場があります。 恐山は、全体が灰色の世...
大間崎|マグロで有名な本州最北端の岬に出かけてみよう!
本州で一番北にある青森県の大間崎(おおまさき)に、やってきました。縦に長い本州の最北端まで来てみると、達成感がありました。 この記...
仏ヶ浦の観光|長い階段を降りてブルーの海に映える白い巨岩を見に行く
青森県は本州の一番北にある県です。青森県の北は陸奥湾(むつわん)をはさんで、下北半島と津軽半島にわかれています。 そしてマサカリの形をした下北半島の西の端...

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
関東の旅
このサイトの管理人
ガイドメモ

フリーランスガイドをしています。国内の旅行スポットについて、自分のメモを、記事にて紹介しています。

ガイドメモをフォローする
ガイドメモ