江川海岸の海中電柱|干潟に建てられた理由

スポンサーリンク
江川海岸の海中電柱 関東の旅

江川海岸(えがわかいがん)は、千葉県木更津市にある潮干狩りができる海岸です。そして海中電柱があることでも知られる、人気の観光スポットです。

 

この記事では、ドラマやCMの撮影風景にも使われる、江川海岸についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

江川海岸がある千葉県木更津市

潮干狩りで人気の木更津市

まず、江川海岸のある千葉県木更津市についてお話します。木更津は千葉県の潮干狩り場として、昔から有名な場所です。

木更津の干潟は盤州干潟(ばんすひがた)と言って、東京湾で一番広い干潟になります。

 

干潟とは?

干潟(ひがた)とは、海岸に波によって砂や泥が運ばれてきて平らになった湿地の事です。

潮の満ち引きで海面が上がったり(満潮)、海面が下がると(干潮)泥の湿地部分が現れます。

 

潮がひいて泥の湿地部分が現れている時に、潮干狩りをすることができるんだね。

 

木更津市には潮干狩り会場が全部で6箇所あり、毎年たくさんの人が訪れています。

 

毎年春から真夏にかけて(3月半ばから7月ぐらいまで)が、潮干狩りのシーズンです。

 

江川海岸は、木更津市の潮干狩り会場のうちのひとつです。

 

江川海岸の「海中電柱」とは?

遠浅の沖に向かって立ち並ぶ電信柱

江川海岸

 

江川海岸の海中電柱って何のこと?

 

江川海岸では海岸から遠浅の沖の方に向かって、一列に電信柱が並んでいます。

これが海中電柱です。

 

満潮になると、電柱が海の上に浮かんで見える光景が珍しいと江川海岸に人が集まってくるんですよね。

 

また波が静かな日は水面が鏡のようになり、南米ボリビアのウユニ湖に似ていることから、江川海岸は日本のウユニ湖とも呼ばれています。

 

 

元々は監視小屋に電気を通すためのもの

今はもう使われていませんが、江川海岸では、昔はあさりの密漁を防ぐために、海上に監視小屋が建てられていました。

海中電柱が設置されたのは、その監視小屋までの電気を通すためでした。

 

今では密漁の監視には防犯カメラが使われているので、江川海岸の海中電柱は撤去されることが検討されているようです。

 

干潮時の江川海岸の様子

海中電柱の後方には新日鐵の製鉄所

江川海岸の海中電柱

 

この写真は、潮がひいた状態のものです。江川海岸の電柱が並ぶ向こう側に、製鉄所(新日鐵住金君津製鉄所)が見えます。

この工場のシルエットが後方にぼんやり映る姿も幻想的です。きっと夜景も幻想的なのだと思います。

なお写真の柵から中は、立ち入り禁止になります。

 

江川海岸まとめ

いかがでしたか?天気や時間帯によって、違う景色が楽しめる江川海岸。満潮のおだやかな波の時にも、もう一度来てみたいと思います。

東京湾一大きな干潟を間近で見る、良いきっかけになりました。

 

江川海岸へのアクセス

 
アクセス東京から車で出かける場合、東京湾アクアラインの木更津金田インターチェンジを下りてから9分ほどで、「江川海岸潮干狩り場」に到着します。
住所
駐車場有り(無料)

 

江川海岸の隣には、陸上自衛隊の木更津駐屯地があるので、ヘリコプターが上空を飛んでいる姿も見られますよ。

 

木更津周辺の観光スポット

千葉県房総半島の観光地

江川海岸から車で15分ほどの距離に、海ほたるパーキングエリアがあります。また江川海岸から房総半島を南に車で50分ほど下ると、地獄のぞきで有名な鋸山(のこぎりやま)という観光名所があります。

 

海ほたるで千葉の名物を食べ歩き|東京湾に浮かぶパーキングエリア
海ほたるは海の上にある、大きなパーキングエリアです。 東京湾アクアライン上にある、海ほたるのレストランやフードコードでは、千葉のご当地フードが食べられます...

 

江川海岸周辺のホテル・旅館

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
関東の旅
このサイトの管理人
ガイドメモ

フリーランスガイドをしています。国内の旅行スポットについて、自分のメモを、記事にて紹介しています。

ガイドメモをフォローする
ガイドメモ