銚子漁港でマグロのセリ見学と浜めしの朝定食

銚子港 関東の旅

千葉県の銚子(ちょうし)市は、魚の水揚げ量が全国1位の港町です。

そんな銚子港で、釣られたばかりの大きなマグロがずらりと並んでいる光景を、間近で見てみたくはありませんか?

 

 

この記事では、銚子港でマグロの入札(セリ)の見学をして、周辺の食べ歩きをした時の様子をお伝えしています。

 

千葉県の銚子市について

日本一の魚の水揚げ量を誇る銚子港

関東の東の一番端っこにある銚子の海は、

  • 南から流れてくる黒潮(くろしお)と
  • 北から流れてくる親潮(おやしお)

がちょうどぶつかる場所です。

 

寒流の親潮と暖流の黒潮の2つの海水の影響で、銚子の海にはプランクトンが発生しやすく、大量の魚が集まりやすくなっています。

そのため、銚子付近は絶好の釣り場で、魚の水揚げで日本一を誇る漁港です。

銚子漁港の卸売場は、旅行者でも気軽に立ち寄って、水揚げされた魚のセリの風景を見ることができます。

 

銚子漁港でマグロの卸売会場を見学する

銚子漁港の第一卸売場でマグロの入札見学

まず最初に、銚子漁港でマグロの卸売会場を見学します。

銚子の第一卸売場では、朝8時から11時まで大型マグロの入札をおこなっています。

第一卸売場の建物2階の受付で申し込むと、どなたでも見学通路から卸売場会場の入札の様子を見学できます。

広い会場に巨大なマグロが勢ぞろいしている光景は、圧巻です。

 

銚子港のマグロのセリ

 

これだけの大きなマグロを、どうやって傷をつけずに釣り上げているんだろう?

 

セリの様子を見ていると、マグロの尻尾の部分を切って脂の入り具合を見ながら、入札価格を決めているようです。

受付の方に聞いたところ、マグロだけではなく、時期によっては秋刀魚(さんま)の水揚げも見学できるとのことでした。

 

銚子港近くの浜めしで朝定食を食べる

銚子港の人気店「浜めし」

さて、見学でお腹が空いてきましたので、近くで食べられるところを探してみます。

銚子港では、朝早くから営業している食堂がいくつかあります。第一卸売場の隣にある「浜めし」という食堂では、8時から朝食を提供していて、お客さんで賑わっていました。

 

銚子の浜めしの朝定食

 

こちらで朝定食(500円)をいただきました。朝定食には焼き魚のシャケと漬物、小鉢、ごはんとお味噌汁に、納豆か生卵が選べます。

ふっくらした焼きジャケと、小鉢で出たイカの煮物がやわらかく、味がしみこんでいて美味しかったです。

 

銚子漁港 第一卸売場へのアクセス・駐車場

 
アクセス銚子へは東京から電車や車で2時間ほどかかります。銚子駅から第一卸売場までは、車で7分、徒歩で24分かかります。
住所
駐車場第一卸売場の建物の正面に、無料の大きな駐車場があります。

 

銚子ジオパークビジターセンター

銚子の観光案内所

さて、銚子港の見学ツアーが終わったあとは、銚子駅から歩いて7分の場所にある、「銚子ジオパークビジターセンター」に立ち寄ってみることにしました。

銚子ジオパークビジターセンターは、銚子の観光案内所です。ビジターセンターには銚子の名所や、自然や動植物について詳しいガイドさんが常駐していました。

銚子に出かけた際に、ここで前もって観光スポットの情報を仕入れていかれるのも良いかもしれません。

ちなみに、銚子ジオパークビジターセンターがある「銚子セレクト市場」と呼ばれる商業施設では、チャーシューの代わりに焼サバがのった「ちょうし焼き鯖ラーメン」が名物でした。

 

銚子ジオパークビジターセンターへのアクセス

 
アクセス銚子駅から徒歩11分になります。
住所
駐車場銚子セレクト市場に、無料の駐車場があります。

 

銚子港の観光まとめ

誰でも気軽に参加できるセリ見学

銚子漁港では、水揚げされたマグロの流通過程を知ることができました。

どなたでも参加できますので、銚子に出かけられた際には、ぜひ立ち寄られてみてはいかがでしょうか?

 

銚子漁港周辺の観光スポット

銚子には登れる犬吠埼灯台や、屏風ヶ浦という観光スポットがあります。またヤマサやヒゲタなど、有名醤油メーカの工場も無料で見学できますよ。