安藤百福記念館(カップヌードルミュージアム横浜)でインスタント麺について学ぼう!

カップヌードルミュージアム 関東の旅

日本で発明された、インスタントラーメン。

「今まで、インスタントラーメンを食べたことのない人っているの?」と疑問がわくぐらい、インスタントラーメンは、日本をはじめ世界中に浸透している食べものです。

 

神奈川県の横浜市には、インスタントラーメンと、その開発者の安藤百福(あんどうももふく)について学ぶことができる施設があります。

 

 

この記事では、横浜にあるカップヌードルミュージアム(正式名称:安藤百福発明記念館)に出かけたときの様子を紹介しています。

 

スポンサーリンク

カップヌードルミュージアムとは?

安藤百福発明記念館

横浜にある、カップヌードルミュージアムの正式名称は、「安藤百福発明記念館」といいます。安藤百福は日清食品の創業者で、チキンラーメン、カップヌードルの発明者です。

 

安藤百福発明記念館横浜のフロア構成

安藤百福発明記念館(カップヌードルミュージアム)横浜は、1階から5階まである建物です。フロア構成は次のようになっています。

 

  • 1階:ミュージアムショップ
  • 2階:インスタントラーメンや安藤百福に関する展示ギャラリー
  • 3階:インスタントラーメンがつくれる体験工場
  • 4階:世界の麺が食べられるレストラン
  • 5階:イベントスペース

 

館内を見学することで、インスタントラーメンや安藤百福についてより詳しく知ることができるようになっています。

 

なお、大阪にも同じ日清食品が運営しているカップヌードルミュージアム大阪がありますが、展示内容が一部異なります。

 

安藤百福発明記念館横浜の展示内容

安藤百福の研究小屋を再現

まずは1階のエントランスホールで、入館料(大人500円、高校生以下無料)を支払って、2階の展示エリアに上がります。

 

カップヌードルのアートオブジェ

 

展示エリアには、安藤百福がインスタントラーメン開発のときに使っていた、研究小屋のジオラマが再現されていたり、写真のようなカップヌードルのアートオブジェが飾られています。

 

カップヌードルミュージアム横浜 Cupnoodle Yokohama

 

また、可愛らしい映像で歴史を紹介するコーナーなどもありました。

 

インスタントラーメンについて学べるコーナー

インスタントラーメン世界の年間消費量

 

安藤百福ヒストリーコーナーの一角には、世界中でどれだけインスタントラーメンが食べられているのか、展示されたディスプレイがありました。インスタントラーメンの世界の年間消費量は、1027億食だそうです。

 

現在の世界の人口は76億人なので、一人あたり年間で14個はインスタントラーメンを食べているという計算になりますね。

 

世界各国のカップ麺が並ぶコーナー

世界で売られているカップ麺コレクション

 

また一番奥の部屋には、世界各国で販売されているインスタントラーメンが、壁一面に並んでいるコーナーがあります。

めずらしいネーミングのカップヌードルのパッケージを見ながら、どんな味がするんだろう?と想像しながら歩くのも楽しいですね。

 

インスタントラーメンの開発者の安藤百福

安藤百福が新聞に掲載切り抜き

 

安藤百福は、無一文の状態から40代でチキンラーメンを開発しました。現在は、安藤百福の息子である安藤宏基が、日清食品の二代目の社長をしています。

 

 

マイカップヌードルファクトリー

自分だけのカップヌードル作り体験

さて、展示エリアを見終わったあとは、3階の体験コーナーに行ってみましょう。3階にあるマイカップヌードルファクトリーでは、自分好みのカップヌードルを作ることができます。

まず300円の体験料金を払い、カップヌードルのカップを購入します。そして購入したカップに、マジックペンで自由にイラストを描いて自分だけのマイカップを作ります。

描きおわったら、カウンターに持って行き、スタッフのお姉さんに自分の好きな具材を伝えます。そうするとお姉さんがマイカップにカスタマイズした具材を入れて、ふたをしめ、エアパッケージに梱包してくれます。

これで自分だけのマイカップヌードルの完成です。

 

オリジナルのカップヌードルは、とても良いお土産になりますね。

 

隣にチキンラーメンファクトリーがあり、こちらは予約制で、麺づくりから体験することができます。

 

ワールド麺ロードで食べ歩き

世界の麺やスイーツが楽しめるレストラン

安藤百福発明記念館(カップヌードルミュージアム)横浜の4階には、「Noodles Bazaarーワールド麺ロード」という、世界の麺やスイーツを屋台感覚で食べ歩きできるフードコートがあります。

ここで販売されているのは、安藤百福が社長を2代目に引き継ぎしたあと、世界の麺を食べ歩く旅行中に出会った麺だそうです。

それぞれの麺は、ハーフサイズで提供されています。私はマレーシアのラクサとミニチキンラーメン、マンゴーの雪水を注文しました。

 

ミュージアムショップのお土産

カップヌードルリフィルやひよこちゃんグッズ

ミュージアムを堪能したあとは、1階に戻りお土産を物色します。

カップヌードルミュージアムショップでは、日清食品の人気キャラクターのグッズや、カップ麺の関連商品がお土産品として販売されています。

 

  • 関東&関西バージョンご当地麺
  • チキンラーメンひよこちゃんグッズ

 

なども売られています。

なかでも人気なのが、自宅のマグカップの中に入れて食べることができる、エコタイプのカップ麺です。アウトドアにも持ち運びしやすそうな大きさでした。

 

 

安藤百福発明記念館横浜レビューまとめ

安藤百福とインスタントラーメンについて学べる施設

安藤百福発明記念館(カップヌードルミュージアム)横浜の展示物を一通り見ると、日清食品の創業者の安藤百福が、どのようにインスタントラーメンにかかわっていたのか、詳しく知ることができます。

インスタントラーメンについて、あらためて知ることのできる良い機会でした。

また、マイカップヌードルファクトリーの体験教室でつくった、オリジナルカップヌードルを自宅に持ち帰り食べてみたところ、市販のものと比べてコクがあり美味しかったです。トッピングで、チェダーチーズを入れたのが効いたのかもしれません。

 

安藤百福発明記念館(カップヌードルミュージアム)横浜のアクセス・営業時間

 
アクセス桜木町駅から歩いて14分 東京駅からは電車で1時間ほどで到着します。
住所
営業時間10:00~18:00(火曜日定休)
駐車場有り40台(有料)

 

周辺のホテル・宿泊施設

 

 

周辺のその他の観光スポット

みなとみらいには、横浜コスモワールドや赤レンガ倉庫などの観光スポットがあります。

 

安藤百福発明記念館(カップヌードルミュージアム)横浜の観光と一緒に回っても楽しそうですね。

 

芦ノ湖の観光|海賊船に箱根関所・寄木細工のお店をめぐる
神奈川県の箱根といえば、東京から気軽に出かけられる代表的な観光スポットのひとつですよね。 東京から車や電車で1時間半ほどの距離にある箱根には、1日ではまわ...
大涌谷|箱根ロープウェイでもうもうとした白煙をあげる火口跡に登る
神奈川県の箱根には、大涌谷(おおわくだに)という人気の観光名所があります。大涌谷は、3000年前にできた火山の火口跡で、今現在ももうもうとした煙をあげている場所...

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
関東の旅
このサイトの管理人
ガイドメモ

フリーランスガイドをしています。国内の旅行スポットについて、自分のメモを、記事にて紹介しています。

ガイドメモをフォローする
ガイドメモ