バイキングの食事を楽しむコツ|少食のあなたにもおすすめ

バイキングの食事 食べ歩き旅行

旅先の食事がバイキング(ビュッフェ)だった時、あなたは食べ方に何かこだわりがありますか?

旅行をしていると、ホテルやレストランで、バイキングの食事を食べる機会って、たくさんありますよね。

その土地の名物も食べて帰りたいし、バイキングだけで食べ過ぎないようにして、かつ満足度も高められればいいのですが……。

 

 

この記事では、私が旅先でバイキングの食事をする際に心がけていることを、いくつかご紹介しています。

 

旅行中はバイキングの食事が増えがち

最近増えてきたバイキングレストラン

先日山梨県を車で旅行中、高速のサービスエリアに立ち寄った際、レストランで朝食バイキングを食べました。

 

双葉サービスエリア下りの朝食バイキング
先日山梨県を旅行中に、中央自動車道の双葉サービスエリア(下り)に立ち寄りました。 そこで、朝食バイキングを食べました。バイキングって、元がとれなさそうで、...

 

ホテルや旅館だけでなく、最近は高速道路のサービスエリアや道の駅でも、食べ放題の料理を提供するレストランが増えています。

 

支払う値段にもよるのかもしれませんが、私の場合、食べ放題だと聞くと、何となく元をとらなければいけない、という意識が働いてしまいます。

ついつい食べ過ぎてしまって、一日中体の動きが重くなり後悔することもしばしば……。

でも最近は、バイキングの食事にだいぶ慣れてきたので、自分なりに、満足度を高めるコツがつかめてきました。

 

バイキング(ビュッフェ)の食事を楽しむコツ

残さずに好きなものを食べるコツ

さて、それでは、私のバイキングの攻略法をご紹介します。

バイキングで後悔しない食べ方として、自分なりに工夫していることが2つあります。

ひとつ目は出来るだけ残さずに、好きなものだけを食べる方法です。

私は、一度にそれほど量が食べられません。そのため最初の一皿目は、色々な料理を一口ずつ、味見程度にお皿に盛るようにしています。

最近のバイキング料理は、バリエーション豊富になっていて、一見しただけでは、味が判断できないものが多くありませんか?

なので1皿目で、ひととおりきちんと(?!)味を確認した後、2皿目で好きなものだけを盛るようにしています。こうすると、残さなくてもよく、無理に食べなくても済むため、ストレス度が減ります。

 

バイキングの料理を組み合わせて、アレンジ料理を作る

2つ目は、バイキングのお料理を組み合わせて、自分のアレンジ料理を作る方法です。

例えばよくやるアレンジとしては、お味噌汁の中に湯豆腐用のお豆腐とネギなど、具材になりそうなものをトッピングして、具沢山の味噌汁を作る事です。

また、カットされている果物にゼリー、コーンフレーク、フルーツソースとアイスをのせて、即席パフェをつくるのもいいですね。

大体どこのバイキングでも、朝食だと出されるメニューがある程度決まっていることが多いので、なるべく味に変化をつけて、飽きないように工夫しています。

 

バイキングの食事を楽しむコツまとめ

バイキングも楽しい旅の思い出のひとつ

いかがでしたか?

旅行中は、何度かバイキングの食事をとる機会が出てくるかと思います。毎度のことなので、なるべく満足度を高めて楽しい旅行の思い出にしたいですよね。

参考になれば幸いです。