湯島聖堂|学問にゆかりのある漆黒の孔子廟にお参りする

スポンサーリンク
湯島聖堂の大正殿 関東の旅

東京の御茶ノ水駅から徒歩5分の場所に、湯島聖堂(ゆしませいどう) があります。

漆黒で独特の外観が印象に残る湯島聖堂は、学問にゆかりのある史跡です。そして毎年たくさんの人が、合格祈願に湯島聖堂を訪れています。

 

 

この記事では、湯島聖堂に出かけてきたときの様子を紹介しています。

 

スポンサーリンク

湯島聖堂について

儒学の創始者「孔子」をまつる霊廟

湯島聖堂は一見お寺のようにも見えますが、お寺ではなく、孔子廟(こうしびょう)です。

 

孔子廟とは、儒学の創始者、孔子の霊をまつる建物です。

 

お寺や神社とくらべると数は少ないですが、日本では長崎県や栃木県、岡山県などにも孔子廟が建てられています。

そして東京都文京区湯島にあるこの湯島聖堂は、孔子廟の代表的な建物になります。

 

日本の学校教育発祥の地

江戸時代、幕府が日本に儒学を広めるために、湯島に「孔子廟」と「昌平坂学問所」を設けました。昌平坂学問所は、儒学の教育の場として建てられた学問所です。この昌平坂学問所は、のちの東京大学や御茶ノ水女子大学の源流となりました。

 

そのため湯島聖堂のある場所は、「日本の学校教育発祥の地」として知られています。

 

湯島聖堂を散策

大きな孔子像

孔子像

 

孔子は、紀元前5世紀の中国の思想家で、儒教の創始者です。孔子自身が大変な勉強家で、数多くの教え子がいたことで知られています。

湯島聖堂の入口から大成殿の途中にたてられているこの像は、世界一の大きさの孔子像だそうです。

 

独特の雰囲気がある大成殿

 

石段をあがった先に、写真の大成殿の建物が見えてきます。こちらの大成殿には、孔子にその孫や門人(弟子)がまつられています。

 

 

私が訪問したのは平日で、大成殿は閉まっていました。大成殿が一般公開されているのは、土日祝日の午前10時から午後5時まで、その間は中に入ることができます。

 

伊東忠太が設計した湯島聖堂には怖い顔の像がいる

 

湯島聖堂の黒塗りの建物は、独特の雰囲気があります。特に屋根のシャチホコや像は迫力があります。この写真の手前にある、怖い目の怪物のような像は、鬼龍子(きりゅうし)という名前がつけられています。

湯島聖堂の建物は、伊東忠太という、有名な建築家が設計しています。伊東忠太は明治神宮や東大正門、築地本願寺を建てた有名な人物です。

 

 

伊東忠太はまた、この鬼龍子のような不思議な動物の彫刻を生み出すことでも知られています。

 

湯島聖堂の境内には学問の木が

櫂の木

 

湯島聖堂内には、楷の木(カイノキ)の巨木が生えています。漆黒の建物に黄色に紅葉した葉がよく映えます。楷の木は学問の木、合格の木だそうです。

 

 

湯島聖堂と湯島天神の違い

湯島聖堂は孔子廟で、湯島天神は神社

なお湯島聖堂がある同じ文京区内には、「湯島天満宮(湯島天神)」という神社があります。

 

湯島天神も湯島聖堂と名前が似ているので、どちらか混乱してしまうかもしれませんね。

 

湯島天神と湯島聖堂は、どちらも学問の神様として知られています。けれども次のように違いがあります。

 

湯島聖堂孔子をまつる孔子廟
湯島天満宮(湯島天神)菅原道眞公をまつる神社

 

湯島聖堂まとめ

全国に十数カ所ある孔子廟

平日の午後、静かな雰囲気の中で、湯島聖堂を参拝することができました。

孔子廟は全国に十数か所あるそうです。機会があれば、他の孔子廟にも訪問してみたいと思いました。

 

また、建築家の伊東忠太の設計した建物めぐりをするのも面白そうですね。

 

湯島聖堂のアクセス・拝観時間・駐車場

 
アクセス湯島聖堂は、JR御茶ノ水駅東口から歩いて5分です。
住所
拝観時間9:30~17:00
駐車場周辺の有料駐車場を利用

 

湯島聖堂周辺の観光スポット

 

かっぱ橋道具街の観光|和食器や食品サンプル・調理器具などおすすめのお店を紹介!
東京の浅草の近くに、「かっぱ橋道具街(合羽橋道具街) 」という、食に関する道具の専門店が、ずらりと並んでいる通りがあります。 800メートルほどある、かっ...

 

湯島聖堂周辺のホテル・宿泊施設

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
関東の旅
このサイトの管理人
ガイドメモ

フリーランスガイドをしています。国内の旅行スポットについて、自分のメモを、記事にて紹介しています。

ガイドメモをフォローする
ガイドメモ