みたまの湯|山梨の眺望と食事が自慢の日帰り温泉

みたまの湯 温泉巡り

先日山梨県に旅行に出かけた際、「みたまの湯」という、日帰り温泉に入ってきました。

みたまの湯は、眺めの良い露天風呂があり、美味しい食事もいただけました。

 

 

この記事では、みたまの湯に入ってきた時の様子を紹介しています。

 

山梨の日帰り温泉施設、みたまの湯

みはらしの丘 みたまの湯

みたまの湯は、市川三郷町にある、源泉掛け流しの日帰り入浴施設です。

みたまの湯が建てられている、370メートルの高台からは、甲府盆地を一望することができます。

 

みたまの湯の泉質

みたまの湯の温泉の色は琥珀よりも濃い、透明な茶褐色です。泉質は地下1500メートルから湧き出る、300万年前の植物の化石の有機物を含んだ、アルカリ性単純モール泉です。

そう言われてみれば、確かに植物の化石っぽい、茶色い薬草を煮出したような、お湯の色にも感じられてきます。

 

露天風呂から眺める絶景

高台から甲府盆地が一望できる

そしてみたまの湯の特徴は、なんといっても、露天風呂からの眺めです。みたまの湯の露天風呂からは、180度視界をさえぎられることなく、甲府盆地を見下ろすことができます。

また正面右手には、奥秩父山塊、左には南アルプス、奥に八ヶ岳の山々が見え盆地をとり囲んでいます。

昼間、夕方、夜と時間帯によってそれぞれ違う景色を楽しめます。

男湯と女湯からの眺めは少し違うようで、どちらも利用してもらおうと、毎日入れ替えているそうです。

 

ぬるめのお湯でのんびり入浴

ちなみに露天にあるいくつかの湯船にはそれぞれ高温、中温と表記がされていますが、高温でもそれほど熱くはなく(40度から42度ぐらい?)、ウトウトしながらのんびりと湯船に使っている人を見かけました。

またサウナには、広い窓がついていて、この窓からも露天風呂と同じ景色が見えます。

サウナに窓がついているというのは、めずらしいですよね。

 

みはらし亭での食事

地元産の野菜を使った料理

みたまの湯には「レストランみはらし亭」というお食事処があります。

温泉で汗を流した後は、こちらのみはらし亭で地元の野菜を使ったメニューの中から、2つ選んでました。

今回注文したのは、「茄子の鉄板ステーキ」と「おざら」です。

 

茄子の鉄板ステーキとおざら

茄子の鉄板ステーキは、熱した鉄板の上で地元産の輪切りの茄子が焼かれているもので、鰹節とにんにく醤油がかけられています。

この茄子があつあつで、口に入れるとジューシーで美味しかったです。茄子自体にこんなに水分あったっけ?と驚くぐらい新鮮でした。

そしておざらというのは、山梨県の名物、ほうとうの冷やしバーションです。ほうとうを細く切ったざるうどんを、具材が入った温かいつゆで食べるというものでした。

 

ほうとうの冷やしバージョンのおざら

 

みずみずしい細いほうとうの麺は、いつもの平べったいコシの強い感じはせず、つるっとした喉越しです。

おざらに添えられたつゆは、鶏肉のだしっぽいお味がして、さやえんどうと人参、玉ねぎ、茄子に温泉卵が入っていました。

山梨県のうどんは、ほうとうや、吉田うどんしかり、野菜が豊富に添えられていてヘルシーですね。

茄子のステーキに、おざら、どちらも大変美味しく頂きました。

みたまの湯に出かけた日は、ちょうど三連休中にあたり、混んでいたのですが、休憩室でもお食事ができるようで、席に座れないことはありませんでした。

 

みたまの湯のアクセスと駐車場・営業案内

みたまの湯の営業案内

開館日:年中無休

営業時間:10時から23時

入館料 大人770円(小学生500円)

 

みたまの湯へのアクセス・駐車場

みたまの湯へは甲府駅から車で30分、甲府南インターチェンジからは10分で到着します。施設の前に無料駐車場があります。

 

 

その他の山梨県の日帰り温泉については、こちらの記事もどうぞ。

 

山梨の日帰り温泉|絶景と豊富な泉質が楽しめるスポット
この記事では、山梨県を旅行中に、立ち寄った日帰り温泉をいくつかご紹介しています。 山梨には甲府盆地や富士山を眺めながら入浴ができる展望が素晴らしい温泉があ...