鳥取の世界遺産|石見銀山の観光

石見銀山の坑道跡

石見とは、島根県西部の旧国名です。

石見と言えば石見銀山が有名ですね。

島根県にある石見銀山は、戦国時代の1526年から大正時代までの約400年間、銀を算出しつづけました。

今では閉山となっていますが、石見銀山の遺跡は、周辺の鉱山町や港町と共に2007年に世界遺産に登録されています。

この記事では石見銀山の歴史や見どころについて紹介しています。

 

 

スポンサーリンク

石見銀山について

日本の大銀山があった石見

1526年に博多商人の神屋寿禎(かみやじゅてい)が石見銀山の開発をはじめました。

石見銀山で産出された銀は、世界の銀生産量の3分の1を占めていて、ボリビアのポトシ銀山と並び世界の2大銀山と呼ばれていました。

 

江戸時代には幕府の直轄地に

徳川家康は1600年に石見銀山を幕府の直轄地にします。

大量の銀は江戸幕府の財政をささえました。

 

世界との交易をもたらした日本の銀

石見銀山の銀は、朝鮮や中国をはじめ、遠くはスペインやポルトガルなどヨーロッパの国にも輸出されました。

日本にキリスト教を伝えたフランシスコ・ザビエルは、日本を「銀の島」と名付けています。

 

世界史の中の石見銀山(祥伝社新書202) (祥伝社新書 202)

世界史の中の石見銀山(祥伝社新書202) (祥伝社新書 202)

豊田有恒
821円(12/10 05:35時点)
発売日: 2010/06/01
Amazonの情報を掲載しています

 

 

石見銀山のみどころ

銀の鉱山跡

銀の採掘跡で一番規模が大きいのは、「大久保間歩(おおくぼまぶ)」と呼ばれる坑道です。

大久保間歩の坑道内は、ガイド付きの限定ツアー(予約必要)で見学することができます。

ガイドツアーはこちらのサイトから予約できます↓

世界遺産 大久保間歩一般公開限定ツアー(石見観光)

ツアーの出発地は、石見銀山世界遺産センターです。

 

石見銀山世界遺産センターへのアクセス

 

もうひとつの坑道跡地である龍源寺間歩(りゅうげんじまぶ)」の坑道は、一般公開されています。

 

龍源寺間歩へのアクセス

 

銀山の管理拠点だった大森の町

銀山近くの大森の町は、江戸時代に幕府が、代官所や武家屋敷を置いて銀山の管理拠点としていました。

 

大森の町

大森は銀山の町として栄えましたが、1800年の大火で町の3分の1が焼失してしまいました。

その後は燃えにくい屋根にするように命じられ、現在の瓦屋根が並ぶ町ができました。

 

代官所跡地へのアクセス

 

 

羅漢寺の五百羅漢

羅漢寺の五百羅漢(ごひゃくらかん)は銀山で亡くなった人の霊を供養するためにつくられた石仏です。

 

羅漢寺へのアクセス

 

 

銀が運ばれた港と港町

沖泊(おきどまり)や湯泉津(ゆのつ)、鞆ケ浦(ともがうら)は銀山の銀を船に積み込む港町でした。

漁師町の町並みを残し、銀を運ぶ船をとめるための「鼻ぐり岩」が多数残されています。

 

沖泊へのアクセス

 

湯泉津へのアクセス

温泉津は温泉街でもあります。公衆浴場が2つあります。

 

鞆ケ浦へのアクセス

 

 

石見銀山周辺のホテル・旅館

 

 

周辺の観光スポット

島根県の西部の旧国名は石見ですが、東部の旧国名は出雲になります。

出雲大社は島根県の代表的な観光スポットです。

 

 

 

参考にした本

 

世界に誇る日本の世界遺産(全8巻セット)

世界に誇る日本の世界遺産(全8巻セット)

西村幸夫
24,624円(12/10 16:18時点)
発売日: 2016/04/01
Amazonの情報を掲載しています

 

 

 

スポンサーリンク