鳥取観光|砂丘の砂からつくられた砂の美術館の彫刻たち

 

鳥取県のシンボルである、鳥取砂丘。

 

鳥取砂丘のすぐ隣にある、「砂の美術館」には、たくさんの巨大な砂の像が並んでいます。

 

砂の像はどれもみな精巧につくられていて、砂でつくられたとは思えないほど表現豊かな、素晴らしい展示内容の美術館です。

 

 

 

この記事では、砂の美術館のみどころと、鳥取砂丘について紹介しています。

 

 

スポンサーリンク

砂の美術館(すなのびじゅつかん)とは?

鳥取県鳥取市に、世界ではじめて砂の像を展示する「砂の美術館」が建てられました。

砂の美術館に展示されている作品には、鳥取砂丘の砂が使われています。

砂の像の展示自体は、2006年からイベントとして行われていました。おそして2012年に砂の美術館が建てられて以降、建物の中で砂の彫刻が鑑賞することができるようになりました。

 

 

毎年変わる砂の美術館の展示内容

砂の美術館の展示物は毎年変わります。そのため同じ砂の彫刻を見ることができるのは、その年だけになります。

 

なお2009年からは、世界旅行シリーズが開催されていて、

2017年4月15日から2018年1月3日まで砂で世界旅行シリーズ
アメリカ編
2018年1月14日から2019年1月6日まで 砂で旅行シリーズ
北欧編

 

現在は「砂で世界旅行のシリーズ 北欧編」の展示が行われています。

 

展示がされていない1月から4月までの期間は砂の美術館は休館になりますのでご注意ください。

 

なおこの記事では、「アメリカ編」の砂の彫刻の写真をのせています。

 

 

砂の美術館への行き方

砂の美術館は、鳥取駅もしくは鳥取ICから車で20分でアクセスできます。

美術館には無料の駐車場があります。

 

 

 

砂の美術館のみどころ

砂の美術館の入口

こちらが砂の美術館の入口です。入口にも砂の像が飾られています。

カウボーイハットのお姉さんが迎えてくれました。

 

砂の美術館の入口

 

 

世界旅行シリーズ アメリカ編の展示物

砂の美術館に入ると、人間の等身大よりも大きな像がたくさん並んでいます。

こちらは独立戦争のときの、ジョージ・ワシントンの像です。

 

 

こちらは美しいニューヨークの自由の女神と、ニューヨークの高層ビル群です。

 

 

こちらはリンカーン大統領の像です。すべての人の顔が精巧につくられています。

 

 

動物たちの像もありました。

迫力満点のツノをもつムースやビックホーン、オオカミなどアメリカの動物たち。

 

 

毛並みが見事です。いったいどうやって砂を固めたんでしょうね?

 

 

3階からも砂の彫刻が見渡せる

また3階には、手すりのついた回廊があって、展示品をすべて上から見渡すことができます。

 

展示室中央には、ハリウッドの映画スター、アメリカンミュージック、マウントラシュモアなどが見えます。

 

 

終了間際に行ったので、美術館には人がほとんどいなくて展示物を独り占めしているようでした。

 

 

世界中から集まった砂のアーティストたち

こちらは砂の像を製作した、アーティストたちの写真です。

 

 

国籍を見ると、アメリカだけでなく世界中の砂像製作者が集まって制作していました。

 

 

 

 

 

砂の美術館まとめ

いかがでしたか?

砂の像は展示期間が終わると壊されて、次の展示物のための砂として利用されるそうです。

こんなに迫力ある芸術品が1年で無くなってしまうのは、本当にもったいない気がします。

次に鳥取を旅行するときは、また砂の美術館に再訪したいと思います。

 

その他の美術館についての記事は、こちらもどうぞ。

 

直島観光|かぼちゃが人気のアートな島をバスと徒歩でひとり旅

2018.11.13

山梨県立美術館|種まく人などミレーの代表的絵画を堪能できる美術館

2018.10.11

大塚国際美術館|巨匠の複製画にさわれる徳島の人気観光スポット

2018.08.01

小布施町観光|栗菓子と葛飾北斎のまちの見どころ

2018.07.23

 

 

 

 

鳥取砂丘(とっとりさきゅう)

さて次の日は、砂の美術館の目の前にある、鳥取砂丘に行ってみました。

 

鳥取砂丘までのアクセス

鳥取砂丘から砂の美術館までは車で2分、歩いて10分ほどかかります。

 

 

早朝の鳥取砂丘

朝早かったせいか、砂丘には他に誰もいません。

静かな砂丘のまっさらな砂の上を歩いて、一番最初に足跡をつけるのは気持ち良いですね。

 

 

粒子が細かい、綺麗な砂紋を見ることができました。

 

 

 

鳥取砂丘まとめ

いかがでしたか?

朝の砂丘は誰もいない砂漠に迷い込んだような気分になれるのでオススメです。

また注意点として、今回私は運動靴をはいて歩きましたが、その後車が砂だらけになってしまいました。

できればゴム素材の靴やサンダルなど砂が簡単に落としやすい靴で歩かれた方が良いかと思いました。

 

 

 

 

また風が強い日は砂が舞うので、サングラスなどで砂が目に入り込まないようにしておくのもおすすめです。

 

 

周辺の観光スポット

鳥取の大山町は紅茶を栽培していて、道の駅で売られている紅茶のソフトクリームもすごく美味しかったです。

 

 

出雲大社は縁結びの神様!お参りと出雲の名物「割子そば」

2018.05.21

鳥取の世界遺産|石見銀山の観光

2017.06.29

 

 

 

 

鳥取砂丘&砂の美術館周辺のホテル・旅館

 

 

 

 

スポンサーリンク